腹腔神経叢

他の反射区にかぶってたりするので時間がない時はやりません。かぶってる反射区は腎臓・心臓・脾臓・肝臓・胆のうあたりです。実際、それらの臓器に至る各神経叢の束が腹腔神経叢です。背中側の横隔膜に張り付いてますが、みぞおちの奥と言えば場所がイメージしやすいでしょう。そうなんです。急所です。敏感な神経の束ですし、ここに衝撃を受けると横隔膜がダメージを受けることがあるので息が止まって何もできなくなるなどから急所なんです。ツボでいうと鳩尾という経穴だそうです。うちの整体では背中側からしか押さないので、このツボを刺激することはないので安心してください(笑)

さて足の反射区に戻りますが、時間がない時にやらなくてもいい程度ならそんなに大事じゃないんじゃない?っていうことになりますよね。そうなんです。反射区が押す場所だけの問題なら、そうなんです。大事じゃないならやらなくていいですね。いやいや。そこは条件付きの、そうなんです。なので、やらなきゃダメです。場所が重なっているので優先順位的に省けるところはどこか?ということで時間がない時にやらないだけで大事なんです。さぁ、その条件を取りましょう。反射区とは場所だけではないんです。前にも書いたようにツボと違って反射区は範囲で押すので、滑らせます。え?誰?話も滑ってるって言った人は!まぁ、そこが滑っても足ツボ的には問題ないのでご容赦ください。大事なのは滑らす方向です。腹腔神経叢の反射区は他の反射区と場所が重なっていますが、押す方向が違うのです。だから、同じ場所にあるけど違う反射区として数えているわけです。

実際響き方が違いますから。是非、その違いを実感していただくためにも長いコースでじっくり当サロンの足ツボをお受けください。急所をグリグリされるよりかは足のほうが楽でしょ?