小腸

なんと「小腸」の反射区を飛ばしていたみたいです!!!

1年以上たってやっと判明したミス。こんな品質ではいけません。

 

足裏半分近くを占める、こんな広い反射区を忘れるなんて、有り得ない!

まぁ、そうです。

実際の施術で小腸を忘れることは1000%ありません。

広いということは、押す手が動いていきますので、広ければ広いほど、ずれるリスクが伴います。ずれると言っても反射区をはみ出るズレというよりも、角度がずれていくリスクです。足ツボはご存知のとおり、面に対して垂直に入れる必要があるので、角度を正確に保ちつつ、圧をかけながら、指を移動していかなければならないので、広いとその分、粗が出ます。しかも!かかとに近づけば近づくほど、足の厚みが増すので、両手の抑えが緩むかもしれません。しっかり、最後まで圧を抜かずに押し切ることがポイントです。

是非、土踏まずを押されている時は、押し始めと終わりでブレていないかしっかりチェックしましょう。

 

 

 

さて、今更このページを書いたところで・・・いったいなんの意味があるのだろう(苦笑)