足ツボあるある 其の14

習い始めにインストラクターの立派なタコを見たり、実際に自分の足つぼタコが成長し出したときは、普段の生活で邪魔にならないように手袋や指サックなど、隠す手段をいろいろと検討するが、デビューするころには隠す意識は懐かしい思い出となって消え去っている

むしろ、成長過程のタコは未熟さのバロメーターとなって、自らにプレッシャーをかけていることに気付く