読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横隔膜

甲の真ん中のこんもりしている辺りの反射区です。第2中足骨の付け根あたりと言いましょうか。ちなみに過度の運動をして足の甲が痛くなる時もこの辺りが多いそうです。そういう場合の痛みは反射区とは無関係ですので、場所がここだからって横隔膜のせいにしないでくださいね。その場合は第2、第3中足骨あたりが疲労骨折している可能性もありますので、痛みが長引く場合は医療機関で診察を受けてください。

 

横隔膜はご存知の通り、呼吸に密接な関係があります。呼吸に関係があるということは実は姿勢に関係があります。姿勢が悪い方は内臓の調整も悪くなります。そんな状態だと各器官の動きも鈍りますので、いろんなコリが出てくるでしょう。動きが鈍いということは血流、リンパの流れが滞ります。健康なわけないですよね。

 

ここで白状します。身体のことを考えるまで、私は横隔膜はただの膜だと思ってました。ん?なんのこと?つまりはです。横隔膜を筋肉として意識したことがなかったのです。結構立派な筋肉ですからこれはとても勿体無いんです。なぜか。1分間に10〜20回動く筋肉を無意識に放置してるなんて!!昔、サラリーマン時代の密かな格言。「動くものは社長でも使え!」利用しない手はないですね。流行りのインナーマッスル体幹を鍛えることになります。これだけでも美しい姿勢を手に入れられますよ。

 

次のページで今開催中のツールドフランスについて触れています。

この中に今回日本人唯一出場している新城選手が出てきますが、早速先日やってくれました!!第6ステージで敢闘賞獲得!新城選手自体2度目の受賞です。彼が浜ちゃんの番組に出演したときにインナーマッスルのすごい状態をテレビで見せてくれました。臨月かってくらいにお腹が膨らみます。これは腹圧といって横隔膜に限ったことではないのですが、それだけインナーマッスルを鍛え上げないと勝負にならない世界で新城選手は戦っているのです。

 

もちろん、我々はこんなレベル必要ないのですが、横隔膜も鍛えられること。呼吸がいろいろな機能に影響を及ぼすこと。無意識なことほど大事であることを覚えておきましょう。

 

ツールドフランスはまだ1週目が終わったところですが、私は完走(もちろん見てるだけ〜ですが^^)できるか不安になってきました(苦笑)

鍛えなきゃー