親指もあと2つ。鼻の反射区は拇指の外側、爪の横です。真横じゃない感じがちょっとしたコツ。絞り上げる感じですかね。押している反対側が痛くならないように気を付けます。鼻単体で押すことはあまりないです。嗅覚って鼻だけじゃないですから。それに粘膜とか免疫力が絡んだり。特に重点施術で合わせて意識して押すのは前頭洞、脳下垂体、甲状腺あたりですね。

そして、鼻も結構、反応早かったりする反射区です。もちろん、個人差ありますけどね。この辺まで押してくると鼻詰まってたのがすっきりして呼吸が楽になったり、もやもやしていたのがクリアになったり、声の通りが良くなったり。いやぁ、足つぼってみんなを笑顔にしますね。ん?痛さに耐えて無理やり笑顔作っているだけだって?いやいや、ビリビリしている中に気持ち良さがあるんですって。

リラクセーションの為に必要なもののうちの一つに嗅覚があります。匂いは鼻で感じていると思われますが、正確には間違いです。におい分子が空気中を漂って嗅粘膜に触れるとああしてこうして嗅神経に電気信号が流れます。それが大脳辺縁系で処理されて、初めて「匂い」として認識されるんですね。ちなみに五感の中で大脳新皮質を経由しないのは嗅覚だけだそうです。なんか特別感ありますね。

あと大事なのは肺に入る空気の状態を調整する働きです。フィルターになったり湿度を調整したり。だから、口で呼吸すると喉か肺がやられます。吐くのは口でもいいですけど、呼気は鼻から入れましょう。ストレス対策としては吐くのをしっかり長め意識するといいですよ。どんなことでも「出す」のが大事なんですね。

 

ゴミ出し、喧嘩になってませんか?(笑)