大脳

大脳 の反射区は右足が左脳、左足が右脳です。

大脳皮質と白質と大脳基底核の3つから成っているそうです。大脳=大脳皮質ではないんですね。とにかく睡眠です。睡眠時間は起きた時刻ー寝た時刻で出ますが、時間だけではないですからね。睡眠の質は相当悪いと思います。かくいう私も最悪です(笑)今の仕事もその前の店舗勤務だった時も、睡眠の一番美味しい時間に寝たことないですもんね。サービス業は無理でしょう。というか職種でも無いような気はしますが(苦笑)元々はIT関連の仕事だったので、体はそっちの方がきつい。人間業じゃないですから、機械相手なので。バッチは規則正しく動いてくれますけどね、トラブルは規則正しくないですから。。。あ、人間も同じか。あ、そうそう。全然話は変わりますけど、ITって一体何よ!なんてね。「IT」厳密な定義があるわけじゃないですから。それもITか、何て会社ありますもんね。ITやってました!ってドヤ顔するから、さぞ凄いんだろうって期待したら、本屋に並んでるハウツー本の方が役に立つって輩、ゴロゴロいますわ。知識やセンスがあるかどうかじゃなくて、ツールを使えるかどうかの勝負になってますもんね。もう、引退しましたんで、お客様でIT業界の愚痴とか全然平気で聞けるんですけど、昔だったらストレスだったろうなぁ(笑)

さて、反射区の場所は拇指の腹です。親指って本当、個性出ます。大きさは当然ですが、エッジというかコリとか出っ張りとか。しかも毎回同じじゃないんですよね、細かいですけど。動くような感覚。あれ、今日はこっちにある。何で?なんて押しているうちにいつもの場所に戻ってみたり。特に次に来ますが、脳下垂体の手前あたりなんて、毎回違いますよ。寝不足でパンパンの人、神経質で働き過ぎの人、本人打たれ強いなんて気付いてないけど、実は負荷半端ない人。

極端な例でいくと、週に2回来るお客様がいらっしゃいまして。だいたい、平日1回、土日に1回という周期なんですね。で、当然平日の仕事帰りは頭も肩も凝りまくり。がっつり押しても疲れてて寝ちゃう感じ。ならば休みの日はまだマシだろうと思うと、確かに拇指の張りは収まっている。でも、他のところとか肩とか逆にダメダメだったりするんですよ。二人で不思議がってましたよー。休日出勤ですか?いやいや。週明け、やらなきゃいけない仕事が待ってる?いや、来週はそうでもない。何かドタバタしました?いえ、友達とのんびりブランチしただけです。結局、リラックスの仕方が下手なんでしょうね。右と左がいつもバラバラ。そして、すごい冷え性なんです、この人。根本的な解決はそこなんだと思います。つまり、自律神経とホルモンバランス。皆さんも親指だけでなく、その付け根の骨周りも、よく揉んであげてください。ただし、親指を反らせるような動きは痛みが出ないようにしてくださいね。特にハイヒールとか、指の付け根を地面に当てることが多い足は、そのあたりに余計な負担がかかっていることがあります。ひどいと骨が変形しますので、お気をつけて。

 

 

ところで大脳(cerebrum)って複数形(cerebrums)あるんだけど、大脳2つってどんな状態?コッテコテの日本人なんで、複数形とか男性名詞、女性名詞とか別世界です。え?中性?言葉にもそっちの世界が・・・(違)