腎臓

腎臓は老廃物を外に出します。

 

やはり、副腎と同様、大切な臓器です。左右両方の足にあります。一般的に腎臓は2つありますからね。副腎は押したら奥の方へ響かせるようにじっと狙い撃ちで押しますが、腎臓は押したらずりずりと動かしていきます。足ツボと呼ばれることが多いですが、ツボは基本的に”点”です。なので指圧とかツボ押しでは動かすことはまずありません。でも足ツボはほとんど動かします。動かさないのは副腎と脳下垂体くらいです。肋骨も動かないように見えますが、ちょっと滑らせます。逆にかかとの生殖腺は動きますが、狙っているのは点です。何が言いたいかと言うとツボは点ですが、足ツボの「ツボ」は面です。何故なら足ツボのそれはツボではなく「反射区」と呼ばれるところを押しているからです。「区」なのでエリアで捉えます。なので広い反射区ほど、手技がいろいろで面白いです。そして、ちゃんと響かせるか触っているだけになってしまっているのか、差が出てきます。リフレクソロジーで響かないということは、足が気持ちよくなることはあっても対象の臓器や器官にアプローチできていないということになります。痛いのを無理に受けることはありませんが、皮膚をほぐす程度ならわざわざお金払ってやってもらう必要ないですよ。ご自身でお風呂か何かで気持ちいいように揉むので充分。

 

さて、腎臓は老廃物を出す臓器だと冒頭に書きました。もちろん腎臓から直接出すわけではありません。尿として外に出します。腎臓で血管が濾過され、必要な成分は戻され、輸尿管を通って膀胱に滲み出ます。その過程で水分が必要になるわけです。ご存じの通り水分が必要なのは尿だけではありません。なので、相当量水分を摂取していないと体の機能に支障をきたします。さらに、足ツボを始めると喉が乾く方が多いです。飲んですぐに腎臓に届くわけないので、日頃から水分をしっかり摂取する習慣をつけてください。足ツボに限らずリフレクソロジーを受けた後はたっぷり水分を摂ってなるべく早めに尿を出しましょう。液体と水分はイコールではないのでお酒でカバーしようとしてもダメですよ。

 

あるある的には、ペットボトル片手に足ツボを受けるお客様がいらっしゃいました。ただ、たまにあるのがお茶とかジュースとか、水分以外の成分が多すぎる選択はちょっとダメですね。冷たいのをがぶ飲みも内臓を冷やすのでダメです。あと、喉が乾くのは仕方ないのですが、ちょくちょくお茶を要求するお客様もその度に手が止まるので違う意味で有名人になってしまいますね。そんなに飲むなら自分で用意しろよ、と。飲む人がいれば出す人もいます。たまにあるのが、片足終わるとトイレに駆け込む人。反応良すぎです。もちろん我慢する必要はありません。逆にそれだけ反応してくれるとリフレクソロジスト冥利に尽きます。ガンガン出しちゃってください。

 

 

日頃から喉乾く前に水分ですよ!

1日1L〜2L、足ツボ終わった後は早めに500ml摂取してください。

出せ!出すんだ、、、じゃー。。。(失礼)